シンガポール エリアガイド シンガポール 旅の基礎知識 シンガポール 生活と文化 グルメ シンガポール シンガポール ショッピング シンガポール エリアガイド シンガポール情報局トップページ シンガポール情報局 シンガポール旅行 観光 生活など シンガポール掲示板 シンガポール 留学 シンガポール行き格安航空券を探す  

シンガポール留学

シンガポール留学って

学生ビザ
(student pass)


ワークホリディ
(ワーキングホリディ)



シンガポールの学校
大学
語学学校

滞在先


シンガポール ホテル予約
シンガポール ホテル予約はこちらから!!


100%留学リンク集
留学の総合情報サイト。


留学保険のAIU


 











トップ>>シンガポール留学>>滞在先
シンガポール 滞在


留学生の滞在先は寮、下宿、HDBでルームシェア、短期留学なら経済的なホテルの滞在するという方法があります。
どこに滞在するかは自分の性格やライフスタイルにあわせて、合ったところにスティするのがベストでしょう。
1人暮らしをしたいという人も多いのではないかと思いますが、シンガポールでは日本のように一人暮らし用のワンルームアパートは殆どありません。単身赴任者が好むサービスアパートメントにはワンルームがあるところもありますが、最低でもS$1000/月以上はするので、下手すると東京よりも高くつくことを覚悟してください。
長期留学の学生は寮、下宿、ルームシェア、 1、2ヶ月の短期留学の学生は寮か経済的ホテルに滞在するのが一般的です。

滞在先
メリット
デメリット

(大学寮・民間寮)
○学食や寮内で食事ができるのでわずらわしさがない。

○いろんな国から来ている学生達とすぐ親しくなれる。

○学校までのアクセスが便利

○寮内コンピューターを自由に使える。

○民間寮にはいろんな学校に通う学生が滞在しているので、情報交換できる。

○運が悪いと夜遅くまでうるさいので、勉強に集中できない。

○ルームメートとの相性が悪いことがある。

○通常ルームメイトがいるため、プライバシーが確保しにくい。

○多少ルームメートに気を使う必要がある。
下宿
○通常専用部屋を与えられるので、プライバシーが確保できる。
○シンガポールの生活、文化にどっぷり浸かれる。
○家族達が色んな人を紹介してくれるので、学生以外のシンガポリアンの人脈が広がる。
○食事付の下宿先なら、食事に関してわずらわしさがない。
○家族との相性が悪いときもまれにある。

○コミュニケーション不足や文化差から家族とトラブルになることもある。

○学校までのアクセスが不便なこともある。

○多少気を使う必要がある。
ルームシェア
○自炊するのも外食するのも、自分の好きなものを食べることができる。

○プライベートが確保できる。

○静かな環境で、勉強に集中することができる。
○ユティリティ等の支払いを自分達で行うわずらわしさがある。

○室内でのトラブルが発生した際、自分達でオーナーに交渉するなど、責任も多い。

○ルームメートとトラブルが発生することもある。

 

home l advertise with us l site map l about us l privacy policy l e-mail

copy right(c) 2004 100% Singapore Info.Station all right reserved