シンガポール エリアガイド シンガポール 旅の基礎知識 シンガポール 生活と文化 グルメ シンガポール シンガポール ショッピング シンガポール エリアガイド シンガポール情報局トップページ シンガポール情報局 シンガポール旅行 観光 生活など シンガポール掲示板 シンガポール 留学 シンガポール行き格安航空券を探す  


生活
住宅探し
物件を決める
銀行口座開設
電話・携帯電話
メイド
在留届の提出
日本人会


交通
バス  タクシー
MTR/LRT
フェリー/クルーズ

各種メディア
テレビ ラジオ
新聞

医療
熱帯特有病
病院一覧

買う
日本食
日本書籍




多民族文化
法律と罰金制度
シングリッシュ
恋愛


シンガポール ホテル予約シンガポール ホテル予約はこちらから!!




トップ>物件を決める





物件選択〜契約は、日本との習慣差異がもとでトラブルが起きやすい。日本人も多く、シンガポリアンは日本人と外貌も似ていてあまり差異はないという感覚に陥りやすいが、実際はかなり異なる。トラブルを回避するためにも、シンガポール流を理解しておくとよい。

物件の選択

■物件を確実に押さえるには?(仮契約)

日本のように2,3万置いておいて「2,3日ここを押さえておいて下さい。」ということは出来ないので注意。
仮に「いいですよ。」 と答えてくれたとしても、その間に貸し手もっと条件が良い借主を見つけ、契約を結んでしまうこともある。

物件を確実に押さえたいならば、最低でも申込み金(家賃1か月分程度)を支払って、仮契約(letter of intent)を交わすこと。つまり決定=物件を押さえる、ということになる。

また、仮契約時には、以下のことをクリアにしてからサインするようにする。
* 家具や修理、追加家具
* 電化製品のメンテナンス
* 上記費用はどうちらが負担するのか確認


契約  

■住宅の契約にはいくら必要?
物件によって異なるが、目安としては下記金額が必要になる。

*家賃1か月分程度の申込金
*家賃1ヶ月分程度の敷金
*最初の月の家賃
*印紙税(例/2年契約で家賃の10%弱)
*ユティリティ保証金(自分で管理するか、オーナーに管理してもらうかによって金額は異なる)

■契約内容の確認
契約書は2通、オーナーと借り手それぞれが1通ずつ保管する。確認の際に不明慮な点はすべて確認しておくこと。また、後々不利になりそうな内容が契約内容にないかどうかチェックすることも大切。



■ 礼金・仲介手数料
シンガポールは借り手がオーナーに対して礼金を支払う習慣はない。
仲介手数料はオーナー側が不動産エージェントに対して支払うのが一般的。





home l advertise with us l site map l about us l privacy policy l e-mail

copy right(c) 2004 100% Singapore Info.Station all right reserved