シンガポール エリアガイド シンガポール 旅の基礎知識 シンガポール 生活と文化 グルメ シンガポール シンガポール ショッピング シンガポール エリアガイド シンガポール情報局トップページ シンガポール情報局 シンガポール旅行 観光 生活など シンガポール掲示板 シンガポール 留学 シンガポール行き格安航空券を探す  





アメリカ脱出〜ヨーロッパ、そしてユーラシア大陸の果て
シンガポールにたどりついて早5年。
ダニベのシンガポール徒然レポート!
  


トップ>ダニベ


憑依!?精霊!?

シンガポール発UAE行 ドバイ篇

国際結婚サクラチル

チャイナタウンは鬼門です

テラバイトの憂鬱

シンガポール人と日本語

あけましておめでとう

改名

@チャイナタウン

Never Mind, lah!

武道家の秘伝書(爆)

クリスマス無法地帯

シンガポール男児は秋葉系!?

友人A君のコイバナ

シンガポールの徴兵制度

世界3大○○

二度と食べたくないもの



シンガポール ホテル予約
シンガポール ホテル予約はこちらから!!

シティ クラシックカード
シンガポール発UAE行 ドバイ篇

 

UAE、ユナイテッド・アラブ・エミレーツ、つまりはアラブ首長国連邦に行ってみた
ユナイテッド・アラブ・エミレーツってなんとなくすごくね?
知識ゼロのまま最近話題のドバイと首都アブダビに行ってみた。

ドバイ国際空港でまずぶったまげる。

無駄に豪華!!

ターミナルにデカイ噴水、噴水には七色のイルミネーションがキラリ〜ン
無駄にデカイ四方ガラス張りのエレベーター。
ゆうに6畳はあるのだが、乗ってるのオレらだけ。
時計は全部ロレックス。
見えてる所は偏頭痛起こすほど無駄にきらびやか。 。"( ´,_ゝ`)プッ

そして入国審査。
こいつらが殴りたくなるほど仕事しない。
隣の係員と無駄口叩きながら、なにやらコンピューターをパチパチやっているのだか、7分は待たされている。
コンピューターの操作を間違えたのか、通りかかった係員と大声でなにか話しているがさっぱり。
あまりのトロさにこっちもイライラ、それが伝わってしまったのか、突然満面の笑みを浮かべ

「What's your name?」

「...My name is Danibe...」

「Oh...」

そしてすぐコンピューターに向き直る係員・・・

《゚Д゚》ゴルァァァァァァァァァァァァア!!

普通待たせてすいませんとか言うだろ?
百歩譲っても「訪問の目的は?」とかだろ〜

ワッチュアネームはねーだろーよ!

・・・と言いたかったが、チキンハートな俺は大人しくニッコリ「サンキュー」と通り抜ける。

超スーパーデラックス空港の便所に行ってみる。
こちらは普通に地味な便所。
清潔でも不潔でもない至ってフツー
しかもエアータオル2台とも壊れていたので自己エアーで乾燥させねばならなかった。
因みにお湯は何分待てど出てこなかった。

この時、この国は見える所だけ豪華にして見えないところはかなり手抜きだと言うことに気付くべきだったかもしれない。 ( ・∀・ )



地球の歩き方に「地元の人と観光客で賑わう」と書いてあるオールドスーク(商店街みたいなとこ)とやらに行ってみる。


見て分かるだろうが、地元の人なんてほとんどいないわけよ・・・

観光客インド人パキスタン人しかいない!! Σ( ̄□ ̄ii!

まぁ、ドバイ住民の50%が外国人労働者で、90%近くがインド、パキスタン等南アジア人らしいのでこんなのかもしれない。
中国人労働者もちらほら、中華レストランもちらほら。
やっぱ中国人スゲー!アラブにもやっぱいるよ。
ドバイで乗ったタクシーは100%の確率でインド人、バングラ人、パキスタン人だった。
彼らは大抵英語をしゃべるので、雑談とか楽しかった。

それにしてUAE人は何処に!!!???




スークの商店もほとんどインド系。
でも気に入ったインド綿のエスニック刺繍が入ったシャツを見つけ、ご機嫌ダニベ。

「いくら?」
「ああ、それは約300USドル(3万弱)

高けぇぇ!高けぇぇ! ((((;゚Д゚)))

ドバイでもインド商法かよっっっ!
しかも約300ドルってなんじゃ、そりゃゃゃ!
ちゃんと言ってたんすよ、「about 300US」って!!

ありえねーべ!!! (゚Д゚ )

むかついたので「さっきあそこの店で全く同じの買ったんだけど100ドルで買ってくれない?」
って言ったら、小島よしおみたく「ウィ〜〜レロレロ」って小馬鹿にされた。
「ウィ〜〜レロレロ、ぼったくりざまーみろ」
・・・と言いたかったが、チキンハートな俺は無言でその店を去った。
結局別の店で、同じシャツと違うデザインのシャツ2枚で1000円弱でゲットできたからいいや。
しかしどこの店も「パシュミナショール!パシュミナショール!」って・・・ (゚Д゚)ウゼェェェ 。

いったいここは何処なんだ?



川沿いの小洒落たカフェでお茶をする。
ここは観光客ばかりでシンガポールと同じくらいの値段する。いくらか忘れたけどw
乾いた川風がきもちよく、景色もアラビアンな感じ。


↑アラビア〜ンなリバーサイド

シンガポールは風が吹いても「ウッァーン」って感じだからね。



「こんにちは〜日本人だよね?」

見たところ30代 中国系、日本語超ペラペラ、しかもタメ語、めっちゃフレンドリー。
チキンハートな俺はそれだけで警戒モード Σ( ̄□ ̄ii!

ヤッベー!!何売りつけられるんだ?何とられるんだ?
痛い思いもしてるんで・・・

「うん、日本人」

「アハハハ!そんな警戒しないでよ。詐欺師とかじゃないからさぁ〜」
(読まれてる・・・)

「詐欺師じゃないんだー(なにげに失礼だなw)、じゃあ何やってるの?」

「工事の仕事。ビル作ったり。でもアメリカの経済が落ちたから、工事止まっちゃって大変だよ」

彼も外国人出稼ぎ労働者だった。
5年前までは九州の工場で働いたり福岡コンビ二や焼肉屋で働いたことがあり、日本語は独学らしいが会話は上手い。
ドバイの建設ラッシュもアメリカ経済暴落以降、資金が足りなくなったりで工事中止になり、彼らのような外国人労働者は仕事が急に無くなってしまったらしい。
その後注意して町を見てみると、確かに建設中の建物らしきものはそこらじゅうにあるが、動いていない。
少ししゃべってこの中国人が好きになった。

なぜならば彼は愛すべき馬鹿だった。

「コンビニでバイトしてた時、アイス万引きして逃げた奴いて、一緒にバイトしてた高校生に追いかけろ〜って言って。若いからすぐ捕まえて連れてきたんだけどね〜2人で怒ったりしたらアイスの事忘れちゃってて、気付いたらドロドロ。社長にめっちゃ怒られちゃったよ、アハハハ!」

「はじめて日本でタクシー乗った時、すごいきれいな車でビビって、靴脱がなきゃ悪いかなって思って靴脱いでみたの〜そしたら靴タクシーに置いてきちゃった、アハハ〜!でもコンビニあったから行って”靴ありますか?”って聞いたら”え〜ちょっとないですね・・・”だって。あたりまえだよ、アハハ!!」

とかいちいちエピソードがかわいらしい。
いちいち笑ってごまかすとこもかわいらしい。

「ここはインド人ばっかりでしょ?だから中国人と韓国人仲いいんだよ〜
中国人と韓国人仲悪いのにね、日本でも仲悪かったよ。でもここでは仲良しね。アハハ!」


「日本人とは仲良くないの?」

「日本人は工事の仕事しないでしょ?ホテルとかビジネスマンとかじゃん」

日本は恵まれているのか・・・・?
なんだか詐欺られるんじゃないかと警戒したこと申し訳なく思ってしまった。
いきなり「詐欺師じゃないよ」と自己申告したことを考えると
日本やドバイで彼はどんなふうに見られて生きてきたんだろう・・・ちょっと切なかった。

「日本はどう?」


「日本もよくないらしいよ。俺はシンガポールに住んでるけどシンガポールもよくない。今はいい所ないね」

「そうだよね・・・」

日中外国人労働者、思わず深いため息 (*´Д`)=3ハァ

暫くしゃべって、彼は面接の時間だと席を立った。
「日本なつかしいな。ドバイ楽しんでよ」と爽やかに去っていった。

本当にただ日本語をしゃべりたかっただけみたいだった。
しょっぱなにドバイにあまりのきらびやかさに目を丸くしたが、彼のおかげで陰の部分もちょっと知ることができた。
そういえば、彼とはお互いの名前も知らず小一時間ほどしゃべっていたんだなぁ。
旅の出会いは一期一会だなぁ。


ジュメイラビーチあたりを散策。
アラブといえば何千年の歴史だ!?いや何万年か? 
でも古いモスクなんてありゃしない、すべて新しく建て替えられちゃっていて勿体ない。
とにかく人工的で面白みに欠けるが、笑っちゃうほどゴージャスだったりするので笑える目線で散策。
でも個人的には旧市街プラプラするほうが好きかな。



↑笑っちゃうほど成金趣味なショッピングモール、マディナ・ジュメイラにて。
後ろの川も人工的、ゴンドラとか浮かんでて

「アラブにベネチアを作ったつもりなんですか Σ( ̄□ ̄ii! ??」って感じ。

あ、オールドスークで買ったサングラスかっこよくね?w

こちら神田○のさんが
「ワァ、素敵ねぇ・・・7つ星よ〜」
ってウットリされていたバージュ・アル・アラブという7つ星ホテル。

エッフェル塔よりも高いホテルで、世界一の高さを誇るらしいが、傍で見ると横幅がないせいか高くも見えないし、小さく見えるし、ビジホちっくでなんだかなぁ・・・

宿泊やディナー予約をとっていないと入れないらしいので、中に足を踏み入れていないが、きっと凄いのだろう。
だって7つ星だもん!

まぁあんまおもしろくないなぁ・・・こんなの見ても。
横浜かどこかににそっくりなビジネスビルがなかったっけ?

小腹がすいて入った店は南インド料理屋www
なんでドバイまで来て・・・と我ながら思ったんだが、何件が店ひやかした結果、食欲をそそったのがインド料理だったわけで・・・
味はシンガポールに負けずうまかったよ。




数時間後下痢ったけどな
Σ( ̄□ ̄ii!


申し訳ないがこのグダグダがアブダビ篇に続くのだよ、これが。。。


こっそりオマケ

←空港のロレックス時計
  空港の時計全部コレ




home l advertise with us l site map l about us l privacy policy l e-mail

copy right(c) 2004 100% Singapore Info.Station all right reserved